posレジを利用しよう|売上をマッハで集計

導入メリットは様々

レジスター

業務効率化と売上アップ

飲食店や小売店でバーコードを読み込んだり、キーボードを叩いて金額を入力するposレジですが、単なる入金をする道具としてではなく、様々なメリットがあります。まずposレジに入力することによってレジ閉めの業務を自動で行ってくれるので、一日の入金のまとめを手作業でする必要がなくなります。また、小売店では発注業務システムと連動することによって在庫の減少分を把握することによって発注業務の時間を減少させることができます。売上をまとめるだけでなく、posレジの特徴としては日時によって販売された商品の情報を確認することができます。前年までの同時期の売れ筋のメニューや商品を知っておくことによって多めに発注をしておくことができ、売上ロスを防ぐことができます。さらに男女別の年齢層の特徴も入力しておいたりして、メニュー開発やマーケティングへの利用にも拡大利用が可能です。posレジを導入することによって従業員の管理にも生かすことができます。posレジがなければ、商品とその価格をしっかり覚えなければレジ打ちに時間がかかってしまいます。しかし、あらかじめ商品と価格が登録されているposレジを使えば商品を覚えていない新人スタッフでも時間をかけずに会計をすることができます。そしていつだれがposレジを使ったの情報も残されているので、打ち込み時にミスをしたことはもちろん、問題や不正があったときには証拠になるためスタッフの不正防止にもなります。