posレジを利用しよう|売上をマッハで集計

会計処理以外の利用目的

店員

売上と在庫がリアルタイム

posレジを入れて会計に使っている店舗は多いけれども、posレジの利用目的は会計だけではありません。posレジのposは販売時点情報管理の略で、商品が売れたときの商品名や日時、それに購入した客層といった情報も会計情報とともに蓄積されるので、売上アップや経営分析に使うこともできます。まずposレジではひとりひとりのお客様の会計処理にかかる時間をスピードアップすることができ、顧客満足度をあげることができます。それは商品の値段を知っておく必要がないので、たとえレジ打ちに不慣れな新人であったとしてもお客様を待たせることはありません。また金額を手入力で行わなくてもよいので、入力ミスも少なくなるメリットもあります。ひとつひとつの入金データは集計されて、当日のレジ閉めに繋がるので業務効率化にも繋がります。posレジは1日のレジ閉めだけでなく、月単位や年単位、それに前年との比較もできるので経営状況の分析にも使うことができます。商品が売れた時点で商品や客層などの情報が随時集計されるので、売れそうな商品を予測することが可能になります。前年の売れ筋をチェックすることによって、あらかじめ在庫量を多くしておいたり、剤戸数が少なくなったときにはアラームをならすようにして売れ筋商品がなくなって、売上を失うようなことをなくすることができます。売れるからと在庫をあまりに多く用意しておくと在庫リスクにも繋がりますので、売上と在庫量がリアルタイムで管理できるposレジは売上アップとともにコスト削減にもつながります。