posレジを利用しよう|売上をマッハで集計

売上データを的確に分析

レジ

店の未来を広げる選択

お店の売上を管理し、客との支払いを行う時には欠かせないレジスターは、どんなお店にも置いてあるマストアイテムと言えるでしょう。現在はposレジが主流となっており、アナログよりもデジタルで効率的かつデータ収集に特化した機能性が評価されていると言えます。基本的にどのようなレジスターであっても10年〜15年程度使用する店が多く、そう簡単に買い換えることもないため、今からposレジを導入したいけれど、どう選ぼうかと迷っている段階の人も言えるでしょう。やはり選ぶときにはお店の規模や利用客の数などに合わせて選ぶのが最も望ましいです。優れた機能をもつposの場合、利用人数・個数・時間帯・年齢層など様々な情報を一度に処理し、さらにPC上にそのデータをまとめる機能を有していることもあります。コンサルタントと連携し、そのデータから見える店の問題点が明らかになったり、強みとなる部分を伸ばすための戦略を練れることもあるでしょう。もちろんこうした高機能のものは店の規模と利用客が多い場合に役立つものです。小規模な店の場合はタブレット型のposレジを利用するのも良いでしょう。タブレットにレジとpos機能をもたせたもので、タブレットで帳簿を管理したり、店の売上を把握できるというメリットがあります。導入費用を抑えたいのであれば中古品を購入するという方法もありますし、レジの買い替えや新しい機能のposレジを導入する場合には予算に合わせて、店に合ったものを選びたいものです。